美容に気を遣う

ジステアリン酸グリコールの働き


コスメティックスの成分である、ジステアリン酸グリコールの働きについて紹介します。
コスメティックスに含まれるジステアリン酸グリコールは、皮膚の真皮に含まれる
コラーゲンを増加させる働きがあります。

この成分を摂取すると、フカヒレのようにコラーゲンをたっぷり含んだ食品を
食べたときと同じような効果を得ることができます。

皮膚の真皮

ちなみに、コラーゲンは口から摂取した場合、胃で分解されやすく、
あまり意味がないという話もあります。

コラーゲン

また粘液性を高める効果もあるので、化粧水や乳液などのコスメティックスに
含まれていることが多いです。
またコスメティックス以外の領域では洗顔料やせっけん、シャンプーなどにも
含まれています。

これはジステアリン酸グリコールが界面活性作用をもつためです。

界面活性作用を持つ物質は、皮膚についている汚れを落とす効果があります。

それなので、この成分が含まれる化粧水や乳液を用いることで、
洗顔と同じ効果を得ることが期待できます。

 

ページのトップへ戻る